deux cafes s.v.p.

pepeinu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Casa de Live 金沢


先日、友達4人と一緒に金沢市にある 「Casa de Live」 (スペイン・地中海料理) に出かけました。

          
       住所:石川県金沢市柿木畠5-8(阿部ビル地下) 営業時間:17:00~24:00(日曜祭日は14:00~24:00)
                        定休日:月曜日  tell:0762220415 fax:0762614441


25年、続くお店です。今まで何度もこの界隈を歩いていたのに~、、、知りませんでした。(汗)

          

地下にあります。なんともいい雰囲気のお店!お料理にすごく期待しちゃいます。

まずはドライシェリーをいただくことにします。

     

3種類、飲み比べです。日本酒の大吟醸に似たような味もあり、この中で私が気に入ったのはタンバリンの中に入っている女性のラベル!

メニューを見ると、目が踊ります。「これは何だろう?」と、メニューの名前を見て一生懸命想像してみる。。。
その中でも、「タラのピルピル」が気になりました。

     

お店のマダムに話を聞くと、鍋に塩ダラをニンニクとオリーブオイルを入れ炒める?煮込む?というような料理のようです。15分間、ずっと鍋を回しているそうで、そのとき鍋でオイルが立てる音が「ピルピル…」というので、そこから名前が付いたようです。

リヨン生活のとき、ポルトガルの食材店や大きなスーパーの魚コーナーでよく見かけた真っ白の板のようになった「乾燥塩ダラ」は、水に戻してこうやって食べると美味しいのだといまさらわかりました。。。お魚は日本に行ってもあるだろう!と思っていたけど、タラの種類もちょっと違っていて、同じようなものは無いっ!…とのこと。。。(涙)

もちろん、パエリアも食べましたよ。 魚介類が豊富で新鮮な北陸、ばんざ~い!です。(笑)
オマケに、昨日、発表された「全国学力テスト」、今年も北陸、ばんざ~い!です。

     

     

地中海のスープとムール貝も美味しい~。久しぶりにこんなに大きなムール貝を食べました。


今回食べたメニューは、、、

・ タコのバナナソース
・ オリーブとアンティーチョークの盛り合わせ
・ タラのピルピル
・ アンチョビのオムレツ
・ 手作りパン(おかわりもした)
・ イワシの香草焼き
・ スペアリブ
・ パエリア
・ ムール貝…(メニューの名前を忘れました 汗)
・ チーズの盛り合わせ(3種)

・ ブルゴーニュのワイン(赤) 1本


4人でよく食べました!(笑) お店のOPEN早々に入り、最後のお客になっていました。(汗)

今回は見送ってしまいましたが、イベリコ豚は写真だけ…。

     

結構削られ、食べられた後ろ足ですが、美味しそう~~~。

イベリコ豚には3種類あるそうです。エサの違い、環境の違いにもよるそうですが、これはもちろん最高級!


お店のマダムとはまた話したい!と思いました。スペインのことをいろいろ…ね。
まだまだ気になるお料理もあったし、ぜひまた伺います~!

[PR]
by pepe-chienne | 2009-08-28 10:58 | 食べ物

夏の思い出


最近、涼しい日が多く、過ごしやすいです。

でも油断していたら「残暑」があるかもしれません。。。

お盆には、久しぶりに母の実家に出かけました。

     

わが町がちょっと都会に感じるくらい、母の実家はのどかな田舎です。(笑)
車で30分で、ぜんぜん昔から変わらない風景に出会えます。

小学校のころにはまだ梨の木があり、梨畑で食べごろのものを採って食べるのですが、、、実はこの梨畑で私は「蝶」「蛾」が大嫌いになるという経験もあります。でも梨は変わらず好き!(笑)

祖母は子供や孫が産まれるとその記念に植樹をしていて、自分の木を毎年、どれくらい大きくなったか見るのも楽しみでした。ある年にはカマキリの卵が付いていて、ワクワクしていました。
でも、、、近くの用水がきれいに整備されると、私の木は19才の時、枯れてしまったのです。 ぐすん。

弟2号の木は同じ年の従兄弟と一緒に並んで植えてありましたが、ある夏、1本だけになっていて、「どっちの木が枯れたの?」と祖母に聞くと、 「それは内緒。この秘密は棺おけまで持っていく。」 とな。
弟2号は「きっと、僕の木が枯れたんだ…」と。。。ん~~、私もそう思う。
弟1号の木はなぜか数多く植えてあり、どれも今もすくすく育っています。 木の育ちと人生…なにか関係が?(笑)

     

母の木や母の兄弟の木は、家を建て替えるときに使われました。
その木を切る際、隣にあった大きな栗の木3本が一緒に倒れたようで、、、祖父と一緒に残念がった私です。。。

でも、倒れた栗の木の近くに栗の木がまた育っていました。祖父も祖母も亡くなってからもう何年???

「桃栗3年、柿8年」

d0142394_12261876.jpgd0142394_12263933.jpg

姪っ子2号(2歳)は毬栗を拾うのに必死。。。このあとようやく自分で摘めて得意になっていました。

チクチクして痛い感覚や、それでも持ちたいという好奇心や、持つためにどうする?と考える力は、大人が口を出しちゃだめな世界だと思うし、子供から教わることはあっても、教えるものは何も無いなぁ~。。。とな。

     

抜け殻をこんな風にするのも、変わらないなぁ~~~。。。子供の世界って変わらないのかな?

え?DNAじゃないよね???
[PR]
by pepe-chienne | 2009-08-24 13:09 | 日本生活

友達の家ランチ!


私のリヨンのアパートは18㎡の小さな部屋でした。
小さくても快適で、それはそれでよかったです!

でも、友達のお家訪問でいろんな部屋もあるんだ~~。。。と驚いたのが、Mさんのアパート。

     

美術館???と思うくらい立派なタペストリーです。

玄関を撮り忘れたのですが、陶器、磁器、ブロンズ像など普通にあったりして目が踊る~。

肖像画も大家さんのご先祖だったり、、、大家さんはお城をいくつかお持ちで、そこで結婚式をした!という娘さん夫婦の写真なども飾ってあり、、、リヨンのお金持ちをチラリと感じました。

大家さんはこのアパートには住んでいなく、友達Mさんがここで一人で暮しています。 いいなぁ~~。  

          

窓からはフルヴィエールの丘の教会も見えます。



この日(去年の夏のことです…汗)、食いしん坊仲間でもあるKさんのお誕生会ランチがあり、私も参加しました。

KさんのリクエストのカレーをMさんが作って、お誕生会です!

去年の夏、リヨンは暑かったけど、、、日本の暑さとはちょっと違うなぁ~。(汗)

     

d0142394_1235543.jpgカレーは2種類!エビカレーとチキンカレーです。
どちらも美味しくて、カレー恋しさに時々でかけていたインド料理店がありますが、もうそこには行かなくてもいいや!というくらい、美味しい~~!

ココナツミルク、ターメリック、青唐辛子、エビ、玉ねぎ…で、作るそうです。

これを機に、ターメリック(フランスではCUCUMA)を買ってみた私。
カレー粉やカレールーを使わないのがいいね!


ケーキがこれまた素敵!

d0142394_12483850.jpgd0142394_124995.jpg

d0142394_12494193.jpgMさんはお菓子職人さんです。本当に私の周りにはフランスでがんばるお菓子職人の友達が多く、美味しい思いをたくさんさせていただきました。

忙しい中、オリジナルのケーキをKさんのために!!!

フランボワーズの香りがとてもよいムースの下の白い部分は確か…ホワイトチョコにシャンパンを使ったものだったような。。。
切ると、中からソースがトロ~リと出てくるのもオリジナルならではです。

おいしい~~!

と、叫ぶKさんと私ですが、Mさんは、、、「これは、、、失敗だ。。。」とな。

へ??? プロは厳しいなぁ~~~。。。イメージの味とチョット違ったようだけど、、、これはめちゃくちゃ、おいしかったけどなぁ~~。。。

Mさん~~~、イメージどおりのものが出来ましたら、また食べに伺います~!カレーもね!(笑)
[PR]
by pepe-chienne | 2009-08-18 13:20 | 食べ物

リヨンのカフェ


このカフェではよく友達と長居をしました。

このカフェを教えてくれた友達が言うには、何年か前にはお店の男性達はいい男が多かった…とか。(笑)

そりゃ~、カフェを運んでくれる男性はいい男には越したこと無いけど、私が気になったのはレジの壁面?

   

アンティークの缶や箱が面白いくらいに並んでいます。

そして、写真を見て今頃気づいたのですが、ときどき座っていた入り口近くの丸テープル(ときどき、相席でした)の椅子、み~んな違っていたんだぁ~。ほぉ~~。

お店はランチのときは特にお客さんでいっぱいで、あまり多くないテラス席もいっぱい、いっぱい。そのランチを少しずらして出かけると、のんびりできそうないい感じに席が空きます。

いつも2杯、カフェを飲みます。長居し過ぎ???(笑)


最近、カフェを慌てて飲んでいるなぁ~。。。と反省。


まずは、、、ゆ~~っくりカフェしよう~!


どこで暮していても、これは大切なこと…かも。。。
[PR]
by pepe-chienne | 2009-08-07 02:50 | ひとりごと

朱天目の器と羊


上島さんの工房を訪ねたときに気になった器の一つが 「朱天目」 です。

d0142394_14345667.jpg

鉄赤釉薬が生み出したもののようです。どんな風になるかは、、、窯から出してみないとわからない…。というのは、Lustreと同じだな~。。。と思いました。 このどきどき感、わくわく感は結構、楽しいです。
私の「Lustreのシュガーポット」は こちら

私が気に入ったこの器は、もしかして、、、売り物じゃなかったのかもしれません。。。窯を見せていただいたときに目に付いて、気になって…無理を言って譲ってもらいました。ごめんなさい。釉薬の垂れ具合が面白かったのです。(汗)

d0142394_15333181.jpgいろんな作品を見せていただいていて、次に目に入ったのが、この「ひつじ」です。

手に取ると程よい重みがあり、「ほっこり」して癒されます。

羽の生えたブタは幸せを運ぶといわれるけど、きっと羊も同じだよね~。ん?いい夢見るかも~!(笑)

これは、プレゼントしてもらいました。ありがとうございます~~!


器の中も綺麗な鉄赤の色です~!うっとり。。。さぁ~、何を入れようかな???

d0142394_14352279.jpg


上島さんからはたくさんのエネルギーをいただきました。ありがとうございます!

実は帰国してからまだ絵付けの活動が再開できずに最近、とても焦り気味な私です。。。リヨンでお世話になったジャニー先生も心配してくれ「どうなの?描いているの?描けないならリヨンに戻っていらっしゃい」とな。(汗)ありがたいのですが、、今度リヨンに行くときは日本での個展の目処がついてから…と思っています。

少しずつ…少しずつ、できることから一つずつ、自分の生活のリズム、環境を整えて、活動再開できるようにします!今、しばらく…お待ちを~!

[PR]
by pepe-chienne | 2009-08-03 15:51 | 日本生活