deux cafes s.v.p.

pepeinu.exblog.jp
ブログトップ

リヨンからの日帰りの旅(Perouges編)

「トゥルニュ」、「ベルゼ・ラ・ヴィル」、この日の〆は 「Perouges ペルージュ」 です。

リヨンからバスで約1時間15分。バス停から村までは約1、5kmの場所に 「フランスの最も美しい村」 があるのです!

d0142394_1935172.jpgこれが、 「フランスの最も美しい村」 の看板です。

「フランスの最も美しい村協会」という組織に認定された村です。
村の人口が2000人未満であることや建物の保存状態がよく、保護遺産・文化財がふたつ以上あること、村の美化に努めていることなど…認定条件をクリアした村が今は148あるそうです。








「地球の歩き方・フランス」によると、村の人口が8人になったことがあったらしいのです。
今は約50人暮らしているそうで、なんだかホッとしました。


村を訪ねる人にとっては「いつまでも変わらないで欲しい。」と願いますが、この村に暮らしている人としては、「変わらないのは困る。」…のかもしれません。



名物のお菓子を発見!ペルージュのガレットです。お砂糖がたっぷり乗っています。
その甘いにおいに誘われて蜂が寄ってきていました。

d0142394_19385869.jpg
d0142394_19393889.jpg









さてさて、名物のお菓子を頂くことに!
1ピース=1.50ユーロ。


中世の建物が美しく残っていて嬉しくなります。
日本から「スケッチ旅行」でこの村を訪ねる人もいるようです。
どの道も中央の菩提樹のある広場につながっているので、迷子になることはありません。





「中央広場」に、またまた「バラの壁」発見!小さなポストも何もかもが素敵に見えます。



お向かいの建物では、一本のぶどうの木が頑張っています。天井には「トウモロコシ」!

d0142394_19503472.jpg

食べごろにはもう少しかかりそうです。。。

ぶどう棚の下でお茶をするのもいいですね~。


どこに行っても「食いしん坊」は変わらないみたいですっ(汗)


おまけ




日本のお寺や武家屋敷などにも「バラ壁」が似合うかも…。


                                        …この日の旅、終了!(笑)
[PR]
by pepe-chienne | 2008-08-10 20:06 |