deux cafes s.v.p.

pepeinu.exblog.jp
ブログトップ

3つ星レストランに行く!


サリーさんがふたたびリヨン にいらした最大の目的は、

「レストランボキューズに行く!」 ことでした。

それにお供しちゃった私です。しかも、サリーさんからのご馳走です~!ありがとうございます(涙)



この奇抜な色使いの建物にはちょっとビックリします。(笑)



素敵な場所に足を踏み入れると背筋がピーンと伸びます!


ムニュもあるのですが、私たちが今回、ここで食べたいものが決まっていたので「ア・ラ・カルト」にしました。

まず、アミューズは「カボチャと栗のポタージュ」にチーズシュー付き。



ブラッスリー・ボキューズ(L’EST)でもこのスープをいただきましたがチョット違う!もっと濃厚で栗がゴロゴロ入っています。

d0142394_2184368.jpgd0142394_2191697.jpg

ナプキンホルダーの中にはこんなメッセージが。。。嬉しい心遣いです。



これが、1975年、エリゼ宮の晩餐会で作られた「黒トリュフのスープ」

d0142394_21193270.jpg

「Soupe aux truffes noires V.G.E.」 かぁ~~、、、うっとり。
このパイを崩して中のスープに行き着くまでがドキドキします。
トリュフの香りがします。(嬉) そしてコンソメスープがとても上品な味。






メインは「すずきのパイ包み」です。 動揺が隠せず思わずピンボケ。。。(汗)

d0142394_21285782.jpgd0142394_21321926.jpg

d0142394_21332842.jpg

サリーさんに「魔女の宅急便」でおばあさんが孫のために焼いたパイだ!と教えてもらい、私はあのシーンがとても好きで何度も見ていたのに、なぜか自分の中では勝手に「イワシのパイ」と思い込んでいたのです。。なぜイワシ。。。(謎)




すごくおいしいです。どこの部分に「クネル」が一緒に焼かれていたのかわかりませんが、お皿に盛り付けていただいた時には「クネル」も付いていました。

念願の「黒トリュフのスープ」に「すずきのパイ包み」を完食~。。。お腹がいっぱいですっ。。。

デザートが始まる前に、出されたクレープで、もう~~、いっぱいです~~。。。

d0142394_21442433.jpgd0142394_21541269.jpg


さぁ~、デザートを選んでちょうだいね~!といった感じで、どど~んとテーブルの前に並べられるデザートたちを見て、一生懸命「別腹」を作ろうとしたけど、さすがの私たちも限界。。。

サリーさんはカモミールティー、私はエスプレッソ!

d0142394_215916100.jpgd0142394_21595446.jpg

このお茶菓子も食べられない。。。サリーさんがいつの間にかこのお茶菓子を持ち帰ることを頼んでいました。
翌日の「民宿pepe犬」のブランチに再び~~!(笑)

帰り際に、とてもきれいな厨房を見せていただきました。 私たち、最後に近いお客でした(汗)



そして、この厨房でさっきまで美味しいものを作っていたんだ~。。。と思うと、感謝せずにいられません。
料理人の皆さん、ありがとうございます。

それにしても、トイレがキレイなレストランは信用できると思っていたけど、厨房もこんなにキレイだと嬉しい~!

タクシーを待つ間、ブティックをみて、こうやって厨房を見せてもらい、壁にかけられている写真を眺めて、預けていたコートをもらい、タクシーに乗るまで本当にみなさんに親切にしてもらい、嫌な思いをすることは全く無かったです。(嬉)

初めての3つ星レストラン、大満足です。
[PR]
by pepe-chienne | 2008-02-08 22:35 | 食べ物