deux cafes s.v.p.

pepeinu.exblog.jp
ブログトップ

パリへ!その④ 夜のルーブル美術館



一時、オルセー美術館ばかり出かけていたのですが、最近では見たい絵がルーブル美術館にあるため、どちらかの美術館を選べ!といわれたら、ルーブル美術館に出かけてしまいます。。。

オルセー美術館は2011年10月に改装終了したところでとても興味があったのですが、、、今回は時間がなく、出かけることをやめました。

ルーブル美術館は水、金曜日は21時15分まで開いています。金曜日は18時以降に入ると無料。

       

この日は友達4人とガラスのピラミッドで集合~!
…16時半に集合でしたが、なかなか2人が時間まで現れなく、、、寒さをこらえれるまで待つこと1時間。。。

       

まだ、、、現れる気配なし…ということで、寒くてブルブルするので2人で中に入っちゃいました。
あと30分待てば、無料だったなぁ~~、残念(笑)


「サモトラケのニケ」は何度見ても、鳥肌が立ちます。

       

日が落ちる前に見ておきたいものは彫像かな~?絵画は日が当たらない場所に置いてあるし大丈夫!

大きな絵画に口がぽかぁ~んとなるけど、こういう天井は美術館になる前のルーブル宮だったときのものかな~?と、謎多し。。。

       

窓から外を見ると、少しずつ電気が付き出し日が暮れていきます。

       

さてさて、大好きなイタリア絵画の広間に!!!

そして大好きなラファエロの絵にごあいさつ~!
  
       

そして今回はどうしてもこの絵に会いたかった。
       
       

同じくラファエロが描いた「サン・ミッシェル」です。
ルーブル美術館にくると必ずこの絵の前で足が止まります。
とても大きな絵で、絵の下に行くと自分がサン・ミッシェルに槍で刺されるように感じます。


あっという間に日が暮れ、窓からの景色も変わります。

       

パリは夜が綺麗だと思います。電燈の色が統一されていてシンプルです。
建物もライトアップされて壁のレリーフが際立ちます。

閉館まで約3時間半を猛ダッシュで見て回りました。

途中、バッタリと友達2人と出会い、見終わったらガラスのピラミッドで集合~!ということで、お互いバタバタ。。。

私は今までオランダ派の絵画にはあまり興味が無かったけど、一緒に見る相手が違うと得るものも多しですね。
今回、初めて「レースを編む女」を見ました。 え~~?これ???と思うくらい、小さな絵でこれまたビックリ!

夜の古代エジプト美術はドキドキしますよ。いろんな想像が頭をぐるぐるします。(笑)

きっと、夏だったら21時でも明るいのでこんな暗闇にバタバタすることは無いでしょうけど、これはこれで楽しかったです!

また、ラファエロの「サン・ミッシェル」に会いに来よう~っと!
[PR]
by pepe-chienne | 2012-05-30 22:59 |