deux cafes s.v.p.

pepeinu.exblog.jp
ブログトップ

次に市場に行く!

旅をすると必ず写真を撮ってしまう「ゴミ箱」。
旅をすると必ず寄る「スーパーマーケット」。
できれば、、、青空市場にも行きたいと思っています。

美味しいカプチーノを飲んでバリスタさんに手を振ってもらえたことですっかり喜んでしまった私は、「サンタンジェロ城」に寄ることを忘れ…(汗)、バス停を探し目指すは

「Piazza Campo de'Fiori  カンポ・デ・フィオーリ広場」

ヴェネチア広場からバス64番のPiazza VeneziaからStaz.Termini(テルミニ駅)行きに乗り、地図を見ながら、だいたいこの辺かな?と思ったところ「Corso Vittorio Emanuele」で降りました。
この64番は結構、利用しました。なんせテルミニ駅はバスターミナルもあり、ホテルにも近いのでとても便利!
地下鉄と違って町の風景も見れるのがいいね!
「バスの中ではスリに注意!」とガイドブックに書かれているのを見ると「ん?地下鉄よりも?」と思いましたが、やはりバスのほうが利用者が多いのか?結構満員になります。なので納得!


バス停は看板が立っているだけです。停車駅が書いてあるのでわかりやすいです。

       

この市場は日曜日がお休みのようです。
小さな広場ですが、久しぶりのマルシェに目が踊ります。

       

       

       

このdatte(ナツメヤシ)が美味しそうだったのでチョット買おうかな~~っと。

そのときに何だか大学生の卒業旅行?という感じの若い女の子たち4人と出会いました。
「何これ~~?なんだか気持ち悪い。。。」って、、、今、私、買おうとして選んでいるんですけど。。。。(汗)
「これ、ナツメヤシですよ。」というと、女の子達、
「うわぁ~、この人日本人だった!」 。。。とな。 え?そんなに怪しいアジア人に見えますか私…(汗)
「それでこの名前、何ですか?」
「(だから…)ナツメヤシですよ。」
「あの~~、日本語で何ですか?」
「日本語でナツメヤシなんですけど。。。英語だとデーツですよ。」
「え~~、知らない~~。」 知らないことをそんなみんなで大合唱しなくても…。そして別に知らなくてもいいんですけど…。
「どんな味がするんですか?」 「ん~、干し柿に似た味かな?」
「うわぁ~、私、嫌い!!!」
あの~~、今、買って食べようとしているんですけど。。。んま~、あなたが嫌いでも私、買います、食べますっ!(汗)
なんだかこのままでは「ナツメヤシ」のイメージが悪く思われるのも嫌だったので、「おたふくソースの甘さはこのナツメヤシなんですよ。」とな。
「あ~、おたふくソースは知っています!」 ほっ、ようやく話が噛みあった感じ。。。(汗)

あ~~、何だか、、、疲れた。。。(笑)

買った「ナツメヤシ」はそのままその場ですぐに食べました。きっと今、失われた栄養を補ったはずです。(笑)

この市場の「ナツメヤシ」はとても立派ですよ。なんせ私は食べずに捨ててしまったものもありますから。。。リヨンのアパートの隣人からのプレゼントの「ナツメヤシ」のブログは こちら


さぁ~、元気を出して、マルシェを楽しもう~~!

       

チーズ屋さんでチーズを食べさせてもらい、ドライトマト屋さんでトマトを食べさせてもらい、気に入ったものを買いました。

チーズ屋さんのおっちゃんはとても面白い人でフランス語も話せ、いろいろ味見をさせてくれて嬉しいんだけど、おっちゃんの手が黒く汚れていて白いチーズが目立つ目立つ!(笑)こんなことを楽しめるのが市場のいいところです。

       
       

オリーブオイルのお店でまた日本人と会いました。今度は先ほどの若者よりもちょっと年上のお姉さんで2人組。
何だかモゴモゴしているので、「味見がしたかったらさせてもらえますよ」と声をかけたら、
「あ、この人、日本人だった。」。。。って。。。

この1時間くらいのうち2度も日本人にこんなことを言われるなんて。。。そんなに怪しいアジア人に見えますか? 私…。(涙)だからスリにも狙われないのかしら~???(笑)

「値段がスーパーとあまり変わらないんですけど。。。」 というので、
「でも生産者が売りに来ていたりするし、こうやって味見をして買うことも出来るから良いと思いますけど。。。」とな。
でも彼女達の反応が全く無いのが悲しいショック。。。

聞かれたから答えた私の言ったことは何だったんだ???

時々こうやって日本から海の外に出て出会う日本人にショックを受けます。
お化粧もバッチリでお洒落な服を着て素敵なはずなのに、無表情、無反応で不気味に感じてしまうときがあります。

これじゃ~、市場で味見をしていても売っているおっちゃん達も大変だな~。
味見をするからには「うまい」「まずい」とか「好き」「嫌い」は言わないとな。
言わなくても「美味しい顔」は万国共通です!
特にその顔に敏感なのがイタリア人だと私は思っているので、このイタリアで能面のような顔はもったいない!
…と、大きな独り言でした。もちろん周りにアジア人が居ないことを確認して。。。(汗)

あ~~、さっき食べた「ナツメヤシ」の栄養がここで無くなった感じ。。。疲れた。。。(涙)
[PR]
by pepe-chienne | 2010-12-20 23:43 |